一般人が新型コロナウイルスと戦う方法

はじめに

最近世間(世界)を騒がせている新型コロナウイルスですが、正直言ってワクチンできるまでは自分の免疫だけで生き残る必要があります。それってつまり、防衛戦なわけで、攻め込まれてから対処することになります。

新型コロナウイルスをこちらから殴ろうと思うとまずサイズ的に無理なわけですが、物理的に殴らなくても殴る方法があるんです。

そうコンピューターシュミレーションならね

folding@home

このプロジェクト(集い)の目的は、スーパーコンピューター高くて、ウイルス研究がはかどらないから、一般向けにあるコンピューターを束にして殴ろうというものです。(ざっくり)

現在新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して解析を行っています。つまりこれに参加することで、新型コロナウイルスのあんなところこんなところを丸裸にして、ワクチンを作るための材料を集めることができます。

新型コロナウイルスの殴り方

上記プロジェクトに参加するためにプログラムをダウンロードします。

ダウンロードページ

ダウンロードが完了したら実行します。

インストーラの指示に従います。

インストールが完了し実行するとファイアウォールの警告が表示されます。

これは解析するデータのダウンロードや解析結果のアップロードに必要なものです。

するとwebページが表示されます。

この画面のstart foldingで解析が開始されます。

しばらく時間が経過すると解析が始まります。

powerは使用するスレッドを3段階で選択できます。このパソコンでは8スレッドなのでFullは7スレッド、Lightは3スレッドとなります。(GPUには関係なさそう)

Whenはいつ解析プログラムを実行するかですが、「While i’m working」で常に実行、「only when idle」でマウスの操作が10分ほどなければ実行、マウスが動けば一時的となります。

プログラム動作中はタスクバーに本体があります。(ブラウザの画面は閉じてもOK)

完全にプログラムを停止したい場合は右クリック後にquitで停止します。

実行中のプログラムは優先度が一番低く設定されているので、そこまで重く感じないかもしれません。

殴るのが疲れたとき

このプロジェクトには電気代がかかります。

一つの解析案件をこなしてもう参加する必要がないと感じればアンイストールを行いましょう

windowsの設定を開き、アプリを選択します。

並び替えでインストール日時にするとFAHClientが出てくるのでこれをクリックしてアンイストールを行います。