Windows 11 アップグレード要件 まとめ

必要要件

https://www.microsoft.com/en-us/windows/windows-11-specifications

windows11の必要な最低システム要件は以下のようになっています。

CPU1Ghz 以上のデュアルコアプロセッサであり、64bitであること
メモリ4GB
記録容量64GB (ただし、更新プログラムの受信には足りない場合がある)
システムファームウェアUEIF  に対応していること
TPM Trusted Platform Module (TPM) version 2.0 に対応していること
グラフィックカードDirectX 12に対応しかつ、ドライバがWDDM 2.0に対応していること
ディスプレイ1280×720 (720p)の解像度があること
インターネット接続とマイクロソフトアカウント必要です♪

TPM

上記で要確認になるのは、TPMになります。

TPMには外部チップとCPU内蔵の2つの実装方法があります。

外部チップモデルはマザーボード上にTPM ヘッダーがあれば、そこにTPMモジュールを追加することで対応することができます。

CPU内蔵はfTPMと呼ばれています。これは intel 第 8 世代 core以上 もしくはAMD Ryzen 第二世代以上で利用できる、TPMモジュールが必要ない方法になります。

まとめると、比較的新しいPCであれば、設定によってfTPMを有効にすることで対応できます。

古いPCであっても、TPMヘッダーが存在し、TPMモジュールを追加できれば対応することができます。

診断ツール

WhyNotWin11にはwindows11に必要な要件を検出するツールがあります。

これはマイクロソフトの診断ツールよりわかりやすいのでおすすめです。

ダウンロードは下記のところでできます。

診断ツールを実行すると項目ごとに確認が行われます。

未分類

Posted by penM